業務内容

私たちJACはメディカル分野のこんな声に応えています。

  • 実験動物の飼育と管理を委託したい。
  • 社内での教育・研修を実施したい。
  • 飼育管理&動物実験技術者がほしい。
  • 実験動物関連情報を広く入手したい。
  • 期間勤務のスタッフがほしい。
  • 施設の消毒を委託したい。

JACは動物実験のための理想的環境を提供します。

企業や大学の研究機関における医学薬学的研究、生命科学的研究を総合的にサポートしています。
信頼のできる動物実験をおこなうための環境を支えます。
専門的な知識と技術を集積し、お客様のニーズに応じた業務を実施します。

■お客様のメリット

技術者による充実した管理が、良質の動物を維持。よりよい研究結果・実験の再現性が期待できます。

研究者は動物の世話に追われることなく、本来の研究に専念できます。

一定の費用で最高の管理ができ、経済的にはコストダウンが実現します。

業務のアウトソーシングにより昇給・退職問題など、労務管理が軽減できます。

質の高い飼育管理サービスを提供します。
貴重な実験動物をさまざまな観点から管理する技術とノウハウを蓄積した専門スタッフが、
信頼性の高い実験結果が得られるよう実験動物を適正に飼育・管理します。

観察・点検・ケージ交換・給餌・給水
洗浄・滅菌・清掃・消毒

実験動物に関する専門知識と経験を基に、実験支援をおこなっています。
動物の生態を熟知したスタッフによるきめ細やかな配慮、適確な手技・処置の選択で動物実験を支援します。
測定・投与・採血・解剖・胚操作
微生物モニタリング検査
動物実験を行う上で必要な、動物実験実施者への教育訓練を行っています。
ご要望に応じて法改正や最新情報を基に適確な教育・コンサルティングで、施設運営をサポートします。
講習会・実技研修・コンサルティング
信頼できる実験成績を得るためには施設を清浄に維持し、実験動物を健康に飼養することが極めて重要です。
JACでは、専門スタッフが施設に応じた消毒プランを立案・実施することで、確かな実績を積み重ねています。
消毒業務
事前処理における清掃作業は、有機物を除去することで消毒液の効果を充分に発揮させるための非常に重要な作業です。
実験動物飼育管理技術の経験を活かし、日常管理の清掃では行き届かない隠れた汚れまで除去します。
清掃・高圧洗浄・清拭
二酸化塩素を電動ポータブル型ミスト機で超微粒子化させ、フレキシブルホースによって自由な角度で隅々まで噴霧消毒を実施します。
その他、施設や機材に応じて様々な消毒方法を提案します。
噴霧消毒・清拭消毒・浸漬消毒
微生物検査・安全キャビネットの定期点検
安全キャビネットの検査方法は、(社)日本空気清浄協会(JACA)が定めた「バイオハザード対策用クラスIIキャビネット現場検査マニュアル」に基づきます。
安全キャビネット性能評価試験
ホルムアルデヒドガス殺菌、HEPAフィルタ交換も承ります。

確かな実験遂行のために・・・

動物実験施設の衛生管理は、動物実験を確実に行うために大切です。汚れはしだいに堆積し放置すると、感染事故の発生原因ともなります。近年増加している遺伝子操作動物の維持施設では、実験と系統育成などの繁殖が同時に行われています。
JACでは実験や繁殖の中止を伴う感染事故を、未然に防ぐために施設の「定期的な消毒」をお奨めしています。

※右図の感染症の発生によりおこりうる諸問題として、「生産の場」では・品質低下・発育不良・生産効率低下などが懸念され、「実験の場」では成績の信頼性低下や、実験中止となる恐れも出てくるのです。

実験には不可欠な消耗品、清掃・消毒に必要な薬剤や用具を販売します。
当社スタッフも使用しているそれらの消耗品は、現場の意見を取り入れ扱いやすく
コストパフォーマンスに優れています。
無塵衣・耐熱シューズ
マスク・グローブ・キャップ
噴霧器・マイクロファイバークロス・消毒薬
【お問合せはこちら】

PAGE TOP ↑